犬にしてくれ

卑屈の森からリア充を目指して右往左往する様を克明に

ハッピーターンバターしょうゆ味

おいしくて一日一袋食べてしまう。ただでさえバターしょうゆという存在がおいしいのに、ハッピーターンが交わるなんて。
開発者への畏敬の念と、一方でなぜこんな身近なところに気づかなかったのかという悔しさ。

最近節約のためにお昼は毎日お弁当を作って食べている。かれこれもうすぐ2ヶ月。でもお弁当だけだと量が足りなくて、夕方になるとこれを買いにコンビニに行ってしまって、節約できているのかわからないし足も太くなってきた気がする。
でも、ハッピーターンバターしょうゆ味は期間限定だから太ることを気にしてセーブしたらきっと後悔するし、むしろ早く買い占めておいた方がいいのかもしれない。
きっともう普通のハッピーターンには戻れない。わたしは女なのでわからないが、名器の女性に出会った男性はこんな気持ちなのかもしれない。

 

みなさんぜひ見つけたら買ってみてください。おすすめしたいけれど、人が食べるということはその分わたしの取り分が減ること…

などと躊躇していたらずっとこの記事を下書きに入れたままにしてしまっていたので、この度勇気を持って公開します。