犬にしてくれ

卑屈の森からリア充を目指して右往左往する様を克明に

12/13 清竜人25@サンリオピューロランド

清竜人25はフェスで観る程度でワンマンに行ったことは無かったのですが。
ピューロランドでやるというニュースを聞き、メルヘンなものを見たいという好奇心と、幼児も多いサンリオでPG指定にならないかという怖いもの見たさが混ざった気持ちで初めてワンマン?へ。
結果、またとない貴重なライブでした…!

1曲目、興奮しておぼえてないのですが「Call♡Me♡Baby」だそうです(音楽ナタリーを読んだ)。いきなり夫人たちとキティちゃんとマイメロディが登場して会場歓喜!からのライブスタート!
竜人くんがいない…と思ったらステージ下手の花の中から登場しました…笑

f:id:isunoue:20151215215756p:plain

つぼみの中から竜人が生まれる

なぜ1曲目の記憶が朧気かというとキティちゃんとマイメロのダンスがキレッキレすぎて度肝を抜かれたからなのですが、竜人くんが他の夫人たちと同じようにちょっかいを出してて、二人も軽く恥じらう、というやり取りが非常にかわいかったです。
そして興奮冷めやらぬまま2曲目「Mr. PLAYBOY…♡」に突入!!!
ライブのキラーチューンだからどこかでやるとは思ったけど、キャラクターと一緒にやるとは思っていなかった!「GO!GO!スケベ!スケベ!」コールにキティちゃんとマイメロが手拍子をするという非常にシュールな空間…というか、二人とも意外とイケる口なんだね!?という驚き。曲中では竜人くんが二人にキスしたりスカートをめくったりとやりたい放題!なのに何をされても「やだ~竜人くんたら♡」と言うように肩をぽんぽんと叩くだけで許してしまう二人。サンリオキャラクターの懐の広さを感じました。
曲順を忘れてしまったので滅茶苦茶なのですが、そこから「やっぱりWifeがNo.1♪」「逢いたいYO~♪」「プリ~ズ…マイ…ダ~リン♡」などを披露。会場をの要素を広く使った演出が非常にメルヘンチックでした。

竜人くんがきのこにもたれかかりながら歌ったり…

f:id:isunoue:20151215220639p:plain

 

かと思うときのこの階段を上って竜人VS夫人たちの構図で歌ったり…

f:id:isunoue:20151215221708p:plain

 

新曲の「Christmas♡Symphony」のお披露目になると会場の照明が星空のようにきらきらと輝きました。夫人たちは制服風のグリーンのチェック衣装で登場だったのですが、この曲に併せて作られたようです。

清竜人25というグループが異世界感満載のコンセプトの上、竜人くんの存在そのものがファンシーなので、フェアリーランドシアターの世界観にぴったりすぎてなんだか夢の中にいるよう。
竜人くんてMCで喋らないんですよね。岡村靖幸さんもそうですけど、歌いながらとか、歌に交えて話すことはあっても、アーティストから観客に「話しかける」ということが無い。ライブを観ていても「竜人くん楽しそうだな」とこちらが想像できても、本人からの言葉は無いので正解はわからない。想像を膨らませる余地をふんだんに残しているところがわたし達に現実離れした印象を与えているのかなと感じます。

さて、この日は第二夫人の清桃花ちゃんのお誕生日!
開演前には有志の方から、桃花ちゃんのイメージカラーである白いサイリウムの配布がありました。
ライブも後半に差しかかり、今日はやらないのかな…とやきもきしていたところ、ついに「The♡Birthday♡Surprise」のイントロが流れ、会場内全体が少しそわそわした空気に。そわそわしているけど、桃花ちゃんに悟られてはいけない、という感じ。そして竜人くんパートで一斉にサイリウムを折る!腕を上げる!白い光で埋め尽くされる会場!
キャパ300くらいの小さい会場で、どこからでもメンバーの表情がよく見えるんです。なので、桃花ちゃんが泣きそうになった瞬間もくっきりと見えた。わたしまでぐっときました…

曲が終わってハッピーバースデーを歌って、竜人くんからポムポムプリンの巨大なぬいぐるみのプレゼント。相変わらず竜人くんは喋りませんが、キティちゃんたちがいたときのニヤニヤ笑いとは違って、一年間苦楽を共にしてきた仲間に対する温かい笑顔のような気がしました。

ひとしきりお誕生日のセレモニーも終わり、最後の曲は「Will♡You♡Marry♡Me?」
一度ステージ袖に引っ込んだ竜人くんが出てこない…と思ったらポムポムプリンが登場!キティちゃんたちより短い手足で懸命に、しかし見事に竜人くんのパートを踊りこなしていました(歌は竜人くんが袖で担当)。
夫人たちからの「桃花、おめでとう!」そして竜人くんからの「桃花愛してるぜ!」というアドリブも炸裂し、大団円の中ライブは終了。
40分という短いステージでしたが、ものすごく密度の濃い、充実したライブでした。

アイドルという存在を「日常を忘れて夢を見せてくれるもの」と定義するのであれば、清竜人25に勝るグループはいるのでしょうか。コンセプトも竜人くんの存在もおとぎ話のようで、でもアイドルとファンという関係でわたし達は確かにコミュニケーションを取っている。日常の中の非日常。手を伸ばせば届く夢の世界。そのバランスが絶妙で、唯一無二の存在感を出しています。

清竜人25って夫人たちのMCもぐだぐだだったり、振りも間違えちゃったり、未熟という言葉がぴったりでこれからの期待値を込めて応援しているファンの方も多いと思います。
これから清竜人25が大きくなっていった時に、桃花ちゃんにとって、今回のお誕生日がいつまでもいい思い出として残ってくれたらいいな、と思いました。辛くなった時も、誕生日で見たサイリウムを思い出して頑張れるような、そんな光のひとつでいられたら、それはとても幸せなことです。
企画してくださったポムポムプリンのコスプレをしたお兄さんはじめ有志の方、幸せな空間をありがとうございました!(この声が届きますように…!)
他の夫人のみんなともこんな思い出を作って行けるように、これからも応援していきたいなと改めて感じたライブでした。


※音楽ナタリー読んだら1曲目は「どうしようもないよ…」ではなく「Call♡Me♡Baby」とのことだったので修正しました。大変失礼いたしました。