犬にしてくれ

卑屈の森からリア充を目指して右往左往する様を克明に

おうちを買うまで⑥ とりあえず内見に行ってみよう

さて、マンション購入講座から勢いで内見まで申し込んでしまったわたし。
結論から行ってしまうと、最終的に買うのは最初に見たおうちでした。

中古マンションの内見あるある

いよいよ内見当日。
ひとりで行くのは心細く、客観的な意見も聞きたかったので両親にも一緒に来てもらうことにしました。
マンションに現地集合で、集まったのはわたし・両親・売主さんの代理の不動産屋さん・わたしの担当の不動産屋さんの5人。売主さんはその日はお仕事とのことでご不在でした。

これは中古マンションあるあるでは…と思うのですが、その時マンションには売主さんがまだ住んでいました。
売主さんの住み替えでマンションを売るということなので、できるだけギリギリまで住んでいるはずだし、確かに考えてみれば自然なことなのですが、言われたときは「入っていいんだ!?」とちょっとびっくり。
なので当然ながら、部屋の中には家具などが普通にセッティングされている状況。

新築マンションのモデルルームはいかにも「ラグジュアリーな暮らし!」満載のお洒落家具達をお洒落にレイアウトしてあるので、どうしても豪華になりがち。実際に自分が住むとどんな部屋になるのかな、というイメージがつきにくいのに対し、中古マンションは自分と同じくらいの金銭環境に置かれているであろう人が実際に住んでいるおうちにお邪魔するわけで、住んでいるイメージをリアルに考えることができます。売主さんがいらっしゃる場合は実際に住んでいる人の生の声を聴けるのもメリットでしょう。
それから新築マンションと違って周りの部屋には先に住んでいる方がいるので、運が良ければマンションの住人の方とすれ違うことも。なんとなく雰囲気がわかります。いざ買ってみて「周りに頭おかしい人が住んでいたらどうしよう…」と不安になることはありません。

一方で、あんまりじろじろ見るのも気が引けるし(まあ見るけど…)、写真とかあんまり撮ると注意されるし(まあ撮るけど…)、ものが置いてあるため隠れている部分の汚れ加減とかはわからないし(こればっかりはどうしようもない)等々、ちょっとやりにくいな、と感じてしまうのがデメリット。

それから、新築と違ってパンフレットが無いので、お願いして新築時のものをいただきました。これで内見後に地盤や物件の詳細情報をチェックします。

 

いざ、お部屋にお邪魔します!

おそるおそるお邪魔して、入った瞬間の印象は「広っ!」。
わたしの住んでいた鰻の寝床と大違いの広いおうちです。さすが1LDK!
洗面台が独立している!カウンターキッチン!3口コンロ!セミダブルベッドが置ける!お風呂も広い!トイレで手が洗える!ウォークインクローゼット!
という感じで、一気にテンションが上がる上がる。

売主さんがまだ住んでいて、新築と違って気になったタイミングでお邪魔することはできないので、テンションがあがりながらも隅から隅までハイエナのようにチェックしていきます。
とは言っても今までの家とは比べるまでもなくいい家なわけで、設備の有無というよりは築5年のくたびれ加減が主なチェックポイント。

事前に一点気がかりだったのが、高速の真ん前という立地でした。
騒音があったり、埃っぽかったりしたらやだなあ、と心配していたのですが、音も全く気にならないし、バルコニーが高速から離れていたので洗濯物も問題なさそう。
わたしの心はそれはそれは高まりました。

最後にゴミ捨て場、駐輪場、郵便受けなどのインフラを見て終了。
セコムも入っていて安全面も問題無さそうでした。

 

いいおうちには落とし穴も…

かなり申し分のない物件でしたが、別れ際に不動産屋さんから「この物件はいい条件だし、安いので、短期で決まってしまうだろう」と釘を刺されました。
あんまり悩んだり比較検討したりはできなさそうとのこと。
半分脅しもあるのでしょうが、初めてのマンション購入者にはなかなかハードルの高い作業…

最後に、家族でマンションの周辺を散歩。一応知っているエリアとは言え、近くに変なサムシングがないか最終チェックです。
近くの商店街はわりかしシャッター通りでしたが、スーパーもあるし、静かでのどかな雰囲気で、こちらも合格。

ちょうどお昼の時間だったので、家族でお昼を食べながらああだこうだと感想会に。
両親ともに好印象のようです。

さらにこの近場で新築マンションのモデルルームがあったので、せっかくだしそちらも見に行くことにしました。