犬にしてくれ

卑屈の森からリア充を目指して右往左往する様を克明に

面接でどうしても頼りないと言われる…

出たよ、早速。
転職活動一発目の面接があり(リスケされたのとは別の会社)、「経歴的にはOKだが人間的に頼りない印象を受けた」というフィードバックと共にお祈りのご連絡をいただきました。

新卒の時もそれが原因で面接に落ちまくって、就職留年したくらいなのですが。
なので面接はトラウマとまではいかないけど、できることならもう面接のない人生を送りたい。
なのに転職をするには面接を何回も繰り返さないといけないんですよねえ…

もう何回も何回も落ちてる。
何回も何回も「頼りない」と言われてきた。
進歩がないったらないので自分でも呆れてしまうのですが、いつもどうやったらいいかわからないんです。

ちなみに現職の会社は「ここを落ちたらフリーター」というかなりの崖っぷちで受けたのが功を奏したのか「あの子には悲壮感がある」という衝撃的な理由で内定をいただきました。
内定をもらったからにはわたしにも良いところがあって、それを認めてくれる会社があったんだ、と自分を励ましていたので、入社してから面接を担当してくれた上司に言われた時はかなりショックでした…
だから、ほんとうにしっかりしてないんですよね、きっと。

確かに頼りない、というか、溌剌としていないんです。
わたしが志望しているのは明るく活発な人材が求められる職種ですが、わたし自身は見た目もひょろひょろですし、性格も人見知り、お酒も飲めないので、率直に言ってしまえばあまり向いていません。
全員が明るく元気な会社なんか成立しないわけで、惑いの無いベッキー(ここではスキャンダルをないものと定義する)のような人が一部の人からしたら抵抗があるように、必ずしも陽ばかりが求められるのではなくて、陰にも需要があるはず。
なので隙間産業的に、「こういう人がいても面白いな」と思ってもらえる会社があればいいな、という気持ちで辛抱強く受けていきたいところなのですが、企業の人だって色んな人材が欲しいとは言え、覇気の無い人間を敢えてとろうとは思わないのでしょう。

新卒の時からどう頑張っても溌剌とした明るいオーラが出ず、元気さでは周りに圧倒的に劣るので、「『この子は大人しいが、しっかり確実に仕事をしてくれそうだな』と思ってもらえるように」と心がけているのですが、それが実行できていないせいなのか、そもそもの目標設定が間違っているのか、うまく行きません。
なんなら、鏡を見ながら面接の練習をしていたときなんて「思ったよりしっかりして見えるじゃん!」と思ってたくらいなんです…笑

新たな対策を考えるか、違う職種に方向転換するか、現職に留まるか。
一発目落ちたこのタイミングで、体制の立て直しです。。