犬にしてくれ

卑屈の森からリア充を目指して右往左往する様を克明に

先輩がマンションを一棟買ったと言う

なにがきっかけだったか、飲み会でそういう話になったのです。
会社の先輩がマンションのオーナーになったらしい。

分譲一部屋だったら、わたしだって買ったよ。中古だけど。
でも、一棟って!一棟って!!

その先輩は次の4月で入社10年目なのですが、それまでは実家暮らし。
買ったマンションが1億ちょい、
自分で2,500万、親が2,500万、合計5,000万をキャッシュでお支払い
残り5,000万円のローンを組んだそうです。
マンションの最上階に自分も引っ越して、今は住人さんを募集しているとのこと。

わたしたちの会社は若手の年収が500万ほど。
お昼代を切り詰めてお弁当を作っているわたしには想像もつきませんが、実家暮らしで特に趣味もなければ年200万くらいの貯金はできるのかもしれません…
その先輩は株で一発当てたことが大きかったそうですが、それでも1年目にして300万の貯金があったそうで、そのストイックさたるや恐るべしです。

わたしはそれを聞いて心底羨ましいと思いました。

このマンションを元手に、次はもっといいおうちに住みたい、とシコシコ考えているわたしですが、それだけではなく、投資用マンションとかにも興味があるわけです。
お金はあればあるほどいい。

幸せはお金では買えない、なんてありふれた言葉です。
でも、お金がある時と無い時で、同じ生活でも心のゆとりがてんで違うことに、大人になったわたしは気付いてしまいました。

ベッキーはこんな言葉を残しています。

ヒルズ族に教えたい ほんとうの幸せは お金はかからないよって」

 なんともポジティブな響きですが、「それはあなたが違約金を払ってありあまるお金を持っているから言えるのだ」ベッキーに教えたい気持ちになります。


ほんとうにお金持ちの人にはいい人が多い、というのもよく聞く話です。
だってお金があればそう簡単に人を妬んだりすることがないのだから。

だから、今のようにお金が足りない暮らしは嫌だなーと思うわけです。

わたしが今転職をしようとしているのは、「このしょうもない仕事でこんな給料だなんてやってられない」という気持ちがきっかけです。
なので、
 ①しょうもない仕事でいいお給料
 ②やりがいのあるお仕事で今と同じお給料
このどちらかだったら、やっていられるのに、と考えています。
もし会社のお給料が今より良かったら、転職なんて考えずに一生あぐらをかいて、適当に会社の愚痴をこぼしながら働いていたでしょう。

わたしの会社では勤続20年なんて人がザラにいるのですが、彼らが働き盛りの頃はまさしくバブル。残業代が青天井で、あまりの忙しさに目を回しながらも月給が手取りで70万だった、なんて武勇伝をよく耳にします。それならこんなしょうもないお仕事を20年も続けられるのも頷けます。

でも、時代は変わってしまいました。働き方も多様化してしまいました。

終身雇用が当たり前ではなくなりましたし、会社にお勤めしなくても、自分でお金を稼ぐ手段は様々です。自分に合った方法で、自分の生計を立てればいい。

そんな時代の流れに乗って、わたしも今のままでは満足したくないなーと思って、突破口というか、落としどころを模索しているわけですが。
人生は長いといえども、女性にはリミットもあるわけで、ノリと勢いで行っちまおうぜ!という気持ちになる時もあれば、先のことを考えて怖くなる時もあり…

とりあえずは転職活動をして、いい会社があれば移るし、なんだかんだ今の会社の条件がいいということになれば、会社に残ってお金を稼げる道を探すことになりますが。

先輩の話を聞いて、会社のお給料だけでは虚しいし、わたしもなにか探さねば!と気持ちを引き締め直した夜なのでした。